ストレスで頭痛が起こるのは「自律神経」の乱れを疑おう

ストレスが原因の頭痛を改善する

imasia_12687738_M

ストレスは、私たちの体にいろいろな不快症状を起こします。

気持ちの問題なのに、体に変調があるのは不思議なことですが、これは私たちの心と体が深く関わっているということです。
ストレスを受けた私たちの脳は、身を守るためにアクションを起こします。

そのアクションの一つが頭痛です。

原因の見当たらない頭痛は、ストレスが引き起こしている可能性があります。
ストレスによって起こった頭痛はストレスを解消することで治ります。

環境を見直して、外から内から頭痛予防をしましょう。

ストレスと自律神経

ストレスを受けた脳は、自律神経を乱します。自律神経とは、内蔵を動かす神経で、意識的に動かすことはできません。

そのため、正しく機能させるためには、体調を整えて自律神経が働きやすい環境を整える必要があります。

脳の元気を取り戻さないと、自律神経は元気になることができません。

ストレスで乱れた自律神経を元に戻す方法

ストレスによって起こる頭痛は、厳密には病気ではなさそうですが、体に異変が無いわけではありません。

気分的なものとしてストレスをそのままにしておくと、頭痛がいつまでも治らなかったり、今以上の症状が出たりすることもあります。

ストレスで乱れた自律神経を元気な状態にしてやらなければいけません。

ストレスからくる頭痛のメカニズム

ストレスから頭痛が起こるまでのメカニズムは、簡単なものではありません。

頭痛は頭の血流が滞って起こっていますが、脳で起こったストレスへの反応からどのような流れで頭痛というアクションが生まれたのでしょうか。

自律神経と脳

自律神経をはじめとするほとんどの神経は、脳から指令をもらって動いています。
体の内外で起こった物事に対して脳は、判断して各部位の神経に動きを命じます。

自律神経を司っている部分は視床下部といい、人の感情や活力を操っています。

ストレスを感じるのもこの部分で、心臓をドキドキさせたり緊張させたりする働きも自律神経が担います。

ストレスと脳

ストレスを感じると、脳はそれによって緊張したりドキドキさせたりします。 緊張は血管を収縮させて、筋肉を固くします。
これは敵から身を守り戦おうとする働きです。

人は怒られたり恥をかいたりした時に「身を縮め」ますが、まさに同じ動きが体内でも起こっているのです。

さらに悪いことに、この状態が起こるとしばらくの間は神経伝達物質の働きによって痛みなどの不快感を感じにくくなります。

こうなることで、ストレスを感じても、緊張感が著しい間はそれと気がつかないで頑張りすぎてしまうことがあります。

ストレスによる頭痛を解消するために

ストレスによって頭痛が起こるのは、その蓄積によるものです。

適度な緊張感は活力となり、不快感も忘れて頑張ることができます。

しかし、それが溜まりすぎると、脳が疲れ始めます。

緊張を解く

緊張が続くと、脳の働きは悪くなり、自律神経のせいで筋肉が固くなり、血流が悪くなります。

脳の緊張を解くためには、ストレスを解消することが必要です。
ストレスの原因自体を取り除くことは容易くありませんが、脳を休ませてリラックスさせることでストレスの辛さを緩和することはできます。

筋肉をほぐして阻害されていた血流をスムーズにするためには、マッサージやストレッチで直接的に刺激を与えることも必要です。
マッサージや体を動かす気持ちよさも、脳にリラックスを与えることが出来るでしょう。

筋肉をほぐして血流を良くすることで、頭痛の器質的な原因を直接減らすことにもつながります。

痛みが減ることで、快適に生活が送れるようになります。

ストレスに耐えられる脳を作るために

根本的なストレスの原因が続く場合には、ストレスをこまめに解消したり、ストレスに強い脳を作ったりしてあげることが大切です 心と体は密接な関係にあります。

体を休めることで、脳をリラックスすることができ、受けたストレスを解消することができます。睡眠やのんびりとしたリラックスタイムは、自律神経のうち安らぎの神経を優位にしてくれます。

すると、緊張して収縮しすぎていた血管も適度に広がって血行改善につながります。

ストレスに強い脳というのは、健康な脳のことです。 生活習慣を整えて体を元気にすることで、体の一部である脳も元気になります。

脳が元気であれば、多少のストレスを受けようともその刺激に耐えることができます。
すると、脳はストレスを解消しようと活発に動くことができ、簡単に疲れることがありません。

ストレスを受けても頭痛などの症状を起こさずにいられるようになります。

自律神経の乱れを引き起こすストレス

af9960012119l

ストレスは脳への刺激を通して自律神経に作用し、体に不快症状を引き起こします。
自律神経は、戦いと安らぎという二つの役割のものがありますが、ストレスを受けると戦うためのものが優位になります。

こうなることで、体の緊張は高まり、血行が悪くなります。

頭痛も、緊張した筋肉と血行不良のダブルの効果で頭の血流が滞ることで起こりやすくなります。

もうひとつの安らぎの神経を引き出して、ストレスを解消できる環境を作ることが必要となります。

ストレス解消で頭痛を解消

ストレスで起こる頭痛は原因となるストレスを解消することが一番の改善方法です。
とはいえ、心の問題は解決が難しいこともあります。

そんな時はまず、ストレスを解消しやすい環境を作って、ストレスを溜めすぎないように生活することが必要となります。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。