2015.04.7

また仮病…そう思いがちな子供の頭痛に気づいてあげましょう

子供が訴えてくる頭痛のほとんどが”片頭痛”

 

af9980009548l

頭痛は大人が慢性的に持っているものというイメージがあるかもしれませんが、子供でもよく頭痛を起こすことがあります。

子供の頭痛のほとんどは片頭痛の一種です。
肩や首を冷やし、静かな部屋で寝かせるようにしましょう。

また、寝不足や低血糖などの要因でも子供の頭痛は起きやすいため、たっぷり寝かせて食事もしっかり摂らせるようにします。

仮病と勘違いせずにまずは子供の頭痛を対処しましょう

大人が多く持っていると言われるのが、慢性頭痛の中でも一般的な片頭痛です。
これは大人の症状であると思いがちですが、大人と同様子供にも片頭痛はよく起きます。

しかし、大人の変頭痛の症状とは若干異なっています。

その症状の違いにより見過ごされがちなのですが、子供特有の片頭痛の症状を把握しておけば、通常どおり対処できることになります。

子供特有の頭痛の症状と対処法を覚えておきましょう

子供でも大人と同じように片頭痛が起こすことがあります。

しかし、その症状は必ずしも大人と同じではないため、子供が痛みを訴えたときに大人がそれを片頭痛だと気付かないことも多いのです。

ときにそれをただの仮病と思ってしまう親も多いと言われ、子供のストレスはたまっていく一方というケースがよくあります。

そのような図式を作らないためにも、親が子供の頭痛についてよく知っておくことが求められます。

子供の片頭痛の特徴

子供の片頭痛が発症は特有で、大人の症状には当てはまらないケースがほとんどです。
そのため、子供の片頭痛のパターンを把握しておかなければ、適切な対処ができなくなってしまいます。

子供の片頭痛の特徴には大きく以下のようなものがあります。

子供の片頭痛の主な3つとその原因
  • ズキズキではなく頭全体の痛み
    大人の片頭痛はドクドクと脈打つのに合わせてズキズキとした痛みが走ります。

    しかし、子供の片頭痛はズキズキするものではなく頭全体が重く締め付けられるような痛みであるケースが多いのです。
  • 短時間で収まる
    子供の頭痛は痛みだしてから1~2時間でふっと収まることが多くあります。

    そのため、最初は痛いと訴えていたのに急に平気な顔をしていると見られ、「仮病だったのではないか」と親が疑ってしまう原因のひとつとなっているのです。
  • 腹痛や吐き気などを伴うことがある
    子供の場合は、片頭痛に伴って腹痛や吐き気などを引き起こしていることもあります。

    中には、頭痛症状よりもこうした消化器系の症状の方が強く出るケースも見られますが、実際には頭痛症状から併発したものというパターンもあります。

子供の頭痛を和らげてあげる方法

子供が片頭痛を起こした時は、首や肩、額を冷やし、暗い場所で安静にさせることが大切です。

急激に冷やす過ぎると体に悪影響を与えてしまいますので、布でくるんだアイスノンや濡れたタオルで少しずつ冷やしてあげましょう。

ストレスがかからないように、親がそばについて安心させてあげることも必要です。

あなたのお子さんは寝不足や低血糖ではないですか?

成長過程にある子供は大人と比べても長い睡眠時間が必要です。 そのため、大人と同じようなサイクルで起きていると寝不足に陥ってしまうのです。

また、朝起きられないなどの理由で朝食を食べなかったり、お菓子ばかりを食べてきちんと食事しないなどの状況は血糖値を下げる原因となります。

それが、頭痛を引き起こすものとなってしまいます。

子供には規則正しいリズムを守らせ、睡眠と食事はきちんとするように指導しましょう。

精神的ストレスからくる自律神経の一時的な障害”自家中毒”

子供は言うまでもなく心も体も成長途上の不安定な状態です。

そのため、ちょっとしたきっかけで体調に変化をきたしがちなのです。 その中でも頭痛や腹痛、嘔吐や下痢などを数日繰り返すケースがあります。

これは自家中毒とも呼ばれるものであり、正式には周期性嘔吐症やアセトン血性嘔吐症と言われる症状です。
何か悪いものを食べたり、細菌やウイルスに感染したりなどといった外部からの影響があるのではなく、子供の体内で起こる変化から起こる疾患です。

子供はとても繊細であり空気を読むことができます

af9980017716l

3~5歳くらいではまだ言語も発達していないということから、自分の症状をうまく親に伝えられないという一面があります。

また、仮病と思われるから親自身が常に頭痛に苦しんでいるからなどの理由であえて自分の不調を訴えないといった子供もいるのです。そういったストレスが蓄積することで、逆に頭痛症状の悪化を生んでいることもあります。

親が気付いてあげられない、ということがないように注意してください。

まずはあなたの子供の状態に向き合い対処しましょう

大人と違って、子供は今の自分の症状がどのようなものかをうまく表現することができません。
大人のように自分の症状に合わせて自分で対処するすべも持っていないでしょう。

もちろん、その症状がどのようなものかが詳しくわからなければ対処のしようがありませんが、わからないからと言って放置していると子供が辛い思いをしてしまいます。

今子供がどのような状態かを注意深く見ておくのが親たる大人の課題です。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。

 

福岡自律神経カイロプラクティックの院長黒瀬がお勧めする改善実績多数の誰でも簡単に出来る頭痛解決プログラム。

この様な方はにお勧めします。

☑治療に通院することが難しい方

☑頭痛で何も手につかない方

☑自分で解決方法を探している方

☑痛み止めを飲んでも、病院に行っても治らない方

☑お薬をいつまで飲んでいいか不安に感じている方

☑お薬に頼らずに改善する方法を知りたい方

☑脳のCT、MRIで異常なしと言われたが頭痛が改善されない方

     ↓その様な方は今すぐクリックしてお試しください↓

banner3_60392