2015.06.6

子供の頭痛の原因と症状は、大人とは違います

勘違いしていませんか?子供の頭痛と大人の頭痛の違い

af9980017395l

ときに子供が頭痛を訴えることもあるでしょう。

子供に起こる頭痛のほとんどは、別の疾患がない場合は偏頭痛であると言われています。
その場合は患部を冷やしたり、十分な休息を取らせたりすること改善させることができるでしょう。

ただし、大人が普段経験するような偏頭痛の起こり方とは多少の違いがあり、また痛み方も違うことが多いのです。

さらに、原因としては子供が受けている日常的なストレスからも起こることがあるため、子供の様子はよく観察して、頭痛の状況をうまく聞き出すことが親にできることもポイントとなります。

その原因は親であるあなた「大人」とは少し違う

頭痛以外の症状が見られない場合は、その他に疾患があるといった心配をする必要はありません。

ただ、大人の頭痛の起こり方とは若干異なるところがあり、にわかには頭痛が起きていると判断しにくいところもあります。

ついつい大人の頭痛の起こり方に当てはめてしまい、改善方法も自分に行っているのと同じような処置を取ったり、または子供の頭痛の訴えをはねのけてしまったりするケースも少なくありません。
子供には子供の頭痛の特徴や原因があることを知っておく必要があるでしょう。

子供の頭痛の原因と特徴について

大人に起こる頭痛とは違った表れ方を見せる子供の偏頭痛ですが、子供は大人にその症状を訴えるしか方法を持ちません。

しかし、自分がどのような状態にあるかうまく伝えられないことが多いのが子供ですから、そばについている大人が様子を詳しく見ておくことが大切なのです。

まずは、子供の頭痛に見られる特徴を見ていきます。

子供に起こる頭痛には独特なものがあります

子供の頭痛の特徴が大人の頭痛には見られないものであるため、ともすれば見過ごしがちになるのです。
ついさっきまで特に問題なく元気に過ごしていた子供が突然頭痛を訴えることがあり、大人から見れば仮病ではないかと疑ってしまうこともあるのです。

しかし、子供の偏頭痛に前触れや初期症状などは表れないのが通常であるとされており、判断に迷うこともありますが、今子供が抱えている症状を詳しく聞いてあげるのが第一となります。

子供の頭痛の起き方と原因

子供は大人に比べてまだまだ繊細にできており、大人が思いもよらないものに影響を受けていることが多くあります。

そうした頭痛の起き方と原因を知っておき、心身の両面からきめ細やかに対処できるようにしておきたいものです。

子供の頭痛の特徴と原因
  • 偏頭痛の症状が大人と異なる
    特に別の箇所に疾患などがない場合、子供の頭痛は大半が偏頭痛によるものです。
    しかし、大人が普段経験している偏頭痛とは症状が異なるため、その感覚を当てはめてしまうと子供の頭痛を見逃してしまいがちです。

    子供特有の症状や原因に注目する必要があります。
  • 突然始まって突然治まることが多い
    何の前触れもなく起こることが多い偏頭痛ですが、子供の場合は特にそれが顕著です。

    今まで特に異常がなく元気だったのに突然頭痛を訴えることがあり、そして数時間ですっかり治って元気に戻るケースがほとんどなのです。

    そのため、大人から見れば子供が嘘をついてその場をしのいでいるだけに見えてしまうというケースが多くあり、頭痛の対処をされない間子供がつらい思いをしてしまうのです。
  • ズキズキする痛みよりは重苦しく締め付けられるような痛み
    大人が経験する偏頭痛とは、片側のこめかみ付近がズキズキと脈打つように痛むのが特徴ですが、子供に起こる偏頭痛は少し違います。

    片側の頭がズキズキする痛みというよりは、前頭部もしくは側頭部の両方が締め付けられるような痛みなのです。
    これは、大人の頭痛で言うところの緊張型頭痛と似ています。
  • 子供の頭痛の原因
    偏頭痛の原因として、光や音などのちょっとした刺激が挙げられることがあります。

    子供の場合はそれが顕著に出るとも言われており、刺激に敏感であるために突然頭痛を訴えるのです。

その他、心理的ストレスが大きくかかわっていると言われています。
子供は些細なことでストレスを抱えてしまうものであり、特に大人がそのストレスの原因を見過ごしてしまうこともあると言われます。

例えば学校に行くことにストレスを感じていたり、家庭内での問題を敏感に感じ取っていたり、また受験に対してのプレッシャーが強かったりなど、子供にもストレスの原因になりうる要素はたくさんあります。

こうした子供の状態や心情に大人が寄り添うことも重要な改善方法となります。

【小児周期性症候群】

上記のような子供の頭痛の原因の他にも、明確なきっかけが不明ながら子供に起きやすいと言われる小児周期性症候群の一環として頭痛が起こる場合があります。

周期的に嘔吐などを伴う周期性嘔吐症、突然現われる小児良性発作性めまい、また強い腹痛を併発する腹部偏頭痛など、子供特有の症候群を指すものであり、これらの一環として頭痛を起こすのです。

 

子供の状態をよく観察して見過ごさないこと

af9920042222l

このように、子供の頭痛にはさまざまな要因が絡み合っています。

それぞれに大人の感覚では考えが及ばないようなところに原因が潜んでおり、子供もその詳細を大人に伝えるのは難しいものです。
そのため、周囲の大人が子どもの状態を細かく観察し、汲み取ってあげることが大切となるのです。

特に、子供の症状を汲み取れずに仮病ではないかと疑ってしまうと、さらにその症状が悪化することも考えられます。
頭ごなしに症状について詰め寄るのではなく、じっくりと子供に向き合って症状を聞き出しましょう。

 

いろいろな可能性を考えるのが親の役目

頭痛を訴える子供には、子供用の鎮痛薬を飲ませたり暗い部屋で休ませたりなど、偏頭痛に対する適切な対処を取るべきです。
また付随する症状によっては医師の診察を受けるのも1つの方法です。

いずれにしろ、神経バランスが乱れることで起こりうることが多いとされているため、心身ともにケアすることが求められます。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。

 

福岡自律神経カイロプラクティックの院長黒瀬がお勧めする改善実績多数の誰でも簡単に出来る頭痛解決プログラム。

この様な方はにお勧めします。

☑子供の頭痛でお困りの方

☑治療に通院することが難しい方

☑頭痛で何も手につかない方

☑自分で解決方法を探している方

☑痛み止めを飲んでも、病院に行っても治らない方

☑お薬をいつまで飲んでいいか不安に感じている方

☑お薬に頼らずに改善する方法を知りたい方

☑脳のCT、MRIで異常なしと言われたが頭痛が改善されない方

     ↓その様な方は今すぐクリックしてお試しください↓

banner3_60392