生あくびは片頭痛の予兆?防ぐための解決策は

カフェインを摂取して生あくびによる片頭痛を防ごう

生あくびと頭痛の関係とその対処
片頭痛を引き起こす生あくびには、「緑茶」や「コーヒー」といったカフェインが多く含まれる飲みものが効果的です。
特に何度も出ているときは積極的に飲むことをおすすめします。

ただ、飲み過ぎもよくありませんので、あくびが止まらないときは、できるだけ安静にするようにしてください。

また、「ココア」、「油揚げ」、「納豆」などのマグネシウムが豊富に含まれる食品を普段から食べるようにすると、片頭痛から生あくびまでを予防することができます。

片頭痛の頭痛を食い止めよう

生あくびによって起こる血管収縮ののちに、血管が拡張して周辺神経を刺激する片頭痛が起こるとされているので、生あくびの段階で片頭痛の前兆を食い止めなければなりません。

生あくびが出はじめたときは、血管の拡張を抑える働きを持つ「カフェイン」が多く含まれる飲み物を摂取するのが効果的です。

片頭痛になる前に対策を

今回は、生あくびを抑えるための方法をもう少し掘り下げてみます。
片頭痛の予防策も紹介しますので、参考にしてみてください。

カフェインが含まれる飲みもの

生あくびは血管の収縮による酸素不足によって出てしまうといわれています。
そこから、急な血管の拡張によって片頭痛に至る可能性がありますので、この段階で対策を打つ必要があるでしょう。

そこで、生あくびが出たときには、カフェインが含まれる飲みものを摂取することをおすすめします。

例えば、一般的にも知られている緑茶やコーヒー、紅茶といったものです。
カフェインには、血管の拡張を抑える効果があるので、片頭痛に至るリスクを大幅に下げることができます。

しかし、生あくびが出はじめた段階では、普通のあくびとの違いが分からないかもしれません。見極めるポイントとしては、何回も出続けるか、そうではないかといったところです。

一回で終われば、あまり気にする必要はありませんが、短い時間で何度も出るようであれば、生あくびの可能性が高いでしょう。

特に、片頭痛持ちの人は真っ先に疑うべきです。

少しでも疑われるときは、すぐに対策に動くようにしてください。

ただ、ひとつだけ注意点があり、カフェインが含まれる飲みものを多量に摂取すれば良いわけではありません。

多量摂取をすると、血流増大、心拍数の増加、呼吸困難などのリスクが伴います。
適度な量で抑えなければ、片頭痛に至る可能性が逆に高まってしまうので注意が必要です。

カフェイン摂取量の目安
副作用を引き起こすまでの限度量は、一日あたり400mg~450gだとされています。
一般的なインスタントコーヒーの含有量が約70mgだといわれているので、5~6杯程度を限度に摂取することを考えましょう。

適切な量を守れば大きな効果を発揮する成分なので、用量を守って使用してください。

あくびが止まらないとき

カフェインを含んだ飲みものを摂取してもあくびが止まらないときは、ほかの方法で解決することを考えます。
止まらないからといって焦る必要は全くなく、むしろ焦ってしまうと心拍数の増加から片頭痛に繋がってしまうかもしれません。
できるだけ落ち着いて、次の方法に取り組んでいきましょう。

方法としては、できるだけ安静にして血液の急な拡張を防ぐようにしてください。
運動などの身体を動かす行為は、絶対に避けましょう。

また、食べものを摂取しないように心がけてください。

身体の代謝が良くなり、血のめぐりが過度に助長される可能性があります。

生あくびの予防策

「そもそも、血液の拡張を予防すれば良いのでは」と考えた人もいるかもしれませんが、まさにその通りで、対策を打てば発症のリスクを大きく軽減することができます。
一番の対策は、血液の拡張を予防し、さらに炎症までを抑える働きを持つ「マグネシウム」を含んだ食品を普段から摂取しておくことです。

冒頭で述べた、「ココア」、「油揚げ」、「納豆」をはじめとして、海藻類などにも豊富に含まれています。

習慣的に食べやすい食品が多いので、片頭痛持ちの人は食卓に取り入れることを検討してみてください。

血管の収縮、急な拡大による片頭痛の原因は“生あくび”

カフェインは生あくびからくる頭痛に効く
眠気を感じたときに出る「あくび」と違って、「生あくび」は眠気を感じていなくとも、心身疲労などによって何度も出続けるといわれています。

生あくびは、いったんの血管収縮から急な血管拡張を引き起こすために片頭痛の予兆だとされるので、ひとつの危険信号だということを知っておいてください。
片頭痛は、脳内で拡張しすぎた血管が周辺の神経を刺激し、炎症を起こすことが原因です。

一旦発症すると長時間痛み続けますので、予防や改善策をしっかりと把握しておきましょう。

“カフェイン”で急な血管の拡大を防ぎ片頭痛を予防

生あくびが出続けるときは、カフェインを含んだ飲みものを摂取し、血管の急な拡張を防ぎましょう。

できるだけ身体を安静にして、食べものも身体に入れないように心がけましょう。
また、マグネシウムを含んだ食品を普段から食べることは、予防策としてとても効果的です。

 

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。

 

福岡自律神経カイロプラクティックの院長黒瀬がお勧めする改善実績多数の誰でも簡単に出来る頭痛解決プログラム。

この様な方はにお勧めします。

☑治療に通院することが難しい方

☑頭痛で何も手につかない方

☑自分で解決方法を探している方

☑痛み止めを飲んでも、病院に行っても治らない方

☑お薬をいつまで飲んでいいか不安に感じている方

☑お薬に頼らずに改善する方法を知りたい方

☑脳のCT、MRIで異常なしと言われたが頭痛が改善されない方

     ↓その様な方は今すぐクリックしてお試しください↓

banner3_60392