頭痛の種類によって冷やしたりマッサージなど改善方法が異なる

頭痛の種類によって改善方法を変えることが改善のポイント

imasia_12456671_M

何らかの拍子に起きてしまう頭痛には、いくつかの種類があります。
それによって自分で改善できることもありますし、場合によっては治療が必要なものもあります。

その中で、日常的に起こり得る頭痛の場合は自分でできる改善方法がいくつかあります。

しかし、片頭痛ならば冷やしたり安静にしたりすること、緊張型頭痛ならばマッサージなどでコリをほぐしたりすることなど、頭痛の種類によってその方法は異なります。
その種類ごとに改善方法を考えることが、適切に痛みを和らげるコツなのです。

そのためには、頭痛にはどのような種類があるか、そしてその種類によってどういった改善方法を採るのがよいかを知っておくことが大切なのです。

頭痛の種類によって原因が異なるため改善方法も変わります

頭痛と言っても、その起こり方は1種類ではありません。

さまざまな要因で頭痛が引き起こされることが考えられ、その改善方法もいろいろなのです。頭痛の原因には複数あり、そしてその改善方法もいくつかに分かれるということです。

その頭痛の原因に合った対処法を取って改善しなければ、思うような結果が得られません。

そのため、種類ごとの対処方法を知っておくべきなのです。

種類ごとの頭痛の改善方法をご紹介します

種類によって原因が異なる頭痛には、それぞれの改善方法があります。

まずは、頭痛にはどのようなものがあるのか見ていきます。

一次性頭痛と二次性頭痛

大きく分けると頭痛は2種類に分けることができます。

1つは一次性頭痛、もう1つは二次性頭痛です。

この両者の違いとは、その症状が頭痛をメインとするものと、ほかに疾患がある場合の二次症状であるものです。

この2つのうち、一次性頭痛は特に疾患の治療が必要ではないため、自分でも改善方法を採ることができます。

市販で鎮痛薬も販売されていますが、ほとんどの一次性頭痛では鎮痛剤を用いなくても痛みを和らげることができます。

一方二次性頭痛の場合は、大元にある疾患からもたらされる諸症状の一環に頭痛があり、それ以外にもさまざまな症状が現われる可能性が高いものです。
そうした状態になったときは、医療機関で治療を受ける必要があります。

一次性頭痛の改善方法

一次性頭痛の中でもいくつかの種類に分けられ、その改善方法も異なっています。

それぞれの改善方法
  • 偏頭痛
    こめかみあたりが脈打つようにズキズキと痛むのが偏頭痛の特徴です。
    1週間から1ヵ月に数回ほど断続的に発生する痛みで、数時間から2日ほどで治まります。

    脳内の三叉神経に影響が出る、もしくはセロトニンの分泌バランスによるなどのものがあります。
    いずれの場合でも、それぞれの要因が血管を急激に拡張し、炎症を起こしてしまうために頭痛が起こるとされています。

    そのため、改善方法としては冷やしたり、安静にしたりして血管を収縮させて痛みを和らげることがメインとなります。
  • 緊張型頭痛
    長い時間同じ姿勢を取ったりすることで首から後頭部にかけての筋肉がこわばり、そのこりによって血管が収縮され、頭部に十分血流が行きわたらなくなることで起こるのが緊張性頭痛と言われています。
    つまり、脳内が一時的な酸欠状態になってしまうのです。

    発生の仕方はほぼ決まっており、朝よりも夕方になるにかけて痛みが徐々に強くなってくる状態がほぼ毎日続くのが特徴です。

    この頭痛の原因は血管の収縮であるため、偏頭痛とは逆にマッサージなどで血管を拡張させて血流を改善させるのがポイントとなります。
  • 群発頭痛
    ある一定の時期になると、目の奥あたりから強い痛みが発生するのが群発地震です。
    強い痛みは1時間ほどで治まりますが、そのような状態が1ヵ月から数ヵ月にわたって続きます。

    他の2つの頭痛よりも痛みが激しく、群発する時期を過ぎるとしばらくは発生しないのも大きな特徴です。

    これも血管の急激な拡張が原因とされていますが、詳しい機序は解明されていません。

    また、その痛みの強さから自分で改善を行うのが難しいとも言われ、トリプタンと呼ばれる薬剤か、もしくは酸素吸入を行うことで痛みを和らげます。

改善方法を間違えると逆効果に

これらの頭痛の改善方法は、それぞれに異なることを覚えておく必要があります。

その方法を間違えてしまうと、より痛みの原因を増幅させてしまう恐れがあり、さらに痛みを増してしまう可能性があるのです。

血流のコントロールが改善のカギ

gf2330587208l

上記のような一次性頭痛は、それぞれ原因も発生個所も少しずつ違うものです。
自分自身で解決できる偏頭痛や緊張型頭痛を比べてみても、その解決には血管を収縮させるか拡張させるかの違いがあるのです。

偏頭痛なら痛む箇所を冷やすこと、緊張型頭痛なら温めたり筋肉のこりをほぐしたりといったことです。

冷やすことで血管を収縮でき、温めることは血管の拡張につながります。
これを逆にしてしまうとそれぞれの原因をより強めてしまうことになるわけです。

自分の頭痛がどんなものかを知ること

このように、頭痛の改善方法にはそれぞれに適切なものがあります。
自分の頭痛に合った方法を選んで実践することは、その頭痛がどのようなものなのかを自分で把握することから始まるのです。

特に偏頭痛なのか緊張性頭痛なのかを判断するには、それらの頭痛の特徴をとらえることが大切です。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。

 

福岡自律神経カイロプラクティックの院長黒瀬がお勧めする改善実績多数の誰でも簡単に出来る頭痛解決プログラム。

この様な方はにお勧めします。

☑治療に通院することが難しい方

☑頭痛で何も手につかない方

☑自分で解決方法を探している方

☑痛み止めを飲んでも、病院に行っても治らない方

☑お薬をいつまで飲んでいいか不安に感じている方

☑お薬に頼らずに改善する方法を知りたい方

☑脳のCT、MRIで異常なしと言われたが頭痛が改善されない方

     ↓その様な方は今すぐクリックしてお試しください↓

banner3_60392