腱鞘炎はカイロプラクティックで首を調整して改善する

さまざまな症状を引き起こす腱鞘炎をカイロプラクティックで改善

SONY DSC

腱鞘炎は手など、炎症を起こしている部分だけが痛くなるのではなく、肩こりや首のこりや痛み、腕のしびれ、手のしびれ、手の冷え、腕の筋肉の痙攣や筋肉痛、腕が上がらないなどといった症状を引き起こします。

さらには、手の多汗症などを引き起こすこともあります。

これらの症状は非常につらいものです。
腱鞘炎は外科的手術で治療するケースもありますが、症状によっては、カイロプラクティックで改善することが可能です。

腱鞘炎が起こるしくみ

肩から指先にかけて腕神経の束が通っています。腕神経の束の一部分が圧迫され、腱と腱鞘が摩擦を起こし、炎症が発症します。

脊髄神経の頸椎は、腕神経の束を通り、手の方に流れていきます。
腱鞘炎は頸椎のゆがみによって、神経が圧迫され、起こるのです。

カイロプラクティックでは、頸椎の矯正を行い、腱鞘炎を改善します。
また、腱鞘炎はホルモンバランスが乱れることも原因となります。
カイロプラクティックで自律神経を整えることが、腱鞘炎の改善につながります。

頸椎の調整で腱鞘炎を改善

腱鞘炎は、カイロプラクティックにおいて頸椎を調整することで改善することができます。

腱鞘炎になると、手だけではなく腕や肩まで痛みやしびれなどが起こり、日常生活に支障をきたすので、予防と対策も重要です。

腱鞘炎の種類

腱鞘炎とは、腱と腱鞘の間に起こる炎症のことで、2種類あります。
一つはドケルバン病と言われるもので、手首の親指側にある腱と腱鞘に炎症を起こす状態です。

親指を動かすと痛みます。
手や指をよく使う人が起こす種類の腱鞘炎です。

もう一つはばね指と言われる腱鞘炎です。
指を屈伸する際に、指の付け根が痛くなる状態です。

親指、中指、薬指によく見られます。
動かすと擦れて痛みが生じ、腫れができることもあります。
手の使い過ぎも原因となりますが、ホルモンバランスが乱れることも原因の一つと考えられています。

腱鞘炎に対するカイロプラクティックの考え方

カイロプラクティックにおける考え方の一つは首が腱鞘炎の原因となっている、ということです。

腱鞘炎や手首に関するトラブルは、脊髄神経から枝分かれをして湾神経叢という神経の束になって手の方に流れています。
首の骨がずれて、頸椎から手の方に流れている神経に圧迫が起こると手や手首に神経が通らず、動きが鈍くなったり、痛みやしびれが生じたりすると考えられます。

カイロプラクティックでは首の背骨にある頸椎の神経圧迫を取り除く治療を行います。

神経の圧迫が解消されることで、脳からの指令が正常に届き、腱鞘炎が改善されるのです。

腱鞘炎の原因である体のゆがみをカイロプラクティックで改善

腱鞘炎の原因は、体のゆがみが原因となっていることもあります。
手首のゆがみや、頭や首のゆがみがあるということは、骨盤や背骨のゆがみもあると考えられます。

骨盤のゆがみが原因となり、首や手首などのゆがみにつながっているとしたら、骨盤のゆがみを解消することが必要です。

また、腱鞘炎の一つである、ばね指は女性ホルモンのエストロゲンが減少することで起こると言われています。

カイロプラクティックで体のゆがみを解消すると、自律神経が整えられるのでホルモンバランスも整えられ、腱鞘炎の改善につながります。

腱鞘炎の原因は手首の使い過ぎだけではない?

腱鞘炎の大きな原因は手首の使い過ぎによるものですが、骨格のゆがみや血行不良、運動不足、自律神経失調症など、さまざまなことが原因になります。

腱鞘炎の対策としては、手首を使い過ぎないことが重要ですが、良い姿勢をキープするための筋肉をつけることや血行をよくすることも必要です。

腱鞘炎になりやすい人とは?

imasia_9803867_M

前述したように腱鞘炎は手や指、腕を長時間継続して使うことで発症することが多いです。

近年ではマウス腱鞘炎やキーボード腱鞘炎にかかる人が増えています。
パソコンを使って仕事をする人が増えているため、腱鞘炎にかかる人も多くなっているのです。

また産後腱鞘炎という言葉があるように、産後のお母さんも腱鞘炎になりやすいと言われています。

赤ちゃんの頭を指させる抱っこをする機会が多く、それが手首の負担になるのです。
おむつの交換や入浴なども、手首に負担がかかります。さらに搾乳も腱鞘炎の原因となります。

カイロプラクティックで腱鞘炎を予防する

カイロプラクティックでは腱鞘炎の原因が首にあると考え、頸椎の治療を行い腱鞘炎を改善します。
さらに、体のゆがみを確認し、骨格のゆがみを改善することも、腱鞘炎の解消につながると考えています。

腱鞘炎は指や手首に大きな負担をかけることで起こります。

それを防ぐためには、腕の筋肉を鍛えたり、手首をこまめにマッサージしたりすることが大切です。
さらに、運動をして体をほぐし血行をよくする、悪姿勢を改善する、などといった日常生活における配慮も大切です。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。