カイロプラクティックで捻挫しにくい足首を作る

再発の多い捻挫はカイロプラクティックで改善

imasia_15588431_M

 

激しいスポーツをしたりして捻挫した時には、整形外科に行って治療をしてもらうことが多いです。

基本的には捻挫をすると、冷やして腫れをひかせ、捻挫した部分を動かないように固定するという治療が行われます。
状態によっては、手術をするケースもあります。

このようにしっかりと治療をしていても、同じ部分を捻挫するケースが多いと言われています。

再発が多い捻挫を予防するには、カイロプラクティックで治療をしてもらうと、再発が少ないのです。

捻挫が再発する原因は?

特に足首は捻挫しやすい部位です。
足首を捻挫して適切な治療を行っても、再発する要因の一つは、足首をひねった時に生じる骨のズレです。
それがそのまま残ってしまい、捻挫しやすくなっていると考えられます。

骨のズレといっても微妙なものなので、レントゲン写真などでは確認することができず、そのままになり、それが捻挫の再発につながってしまうのです。

そのため正常な状態よりも、捻挫しやすくなってしまうのです。

カイロプラクティックで捻挫の再発予防

捻挫の再発をしやすい足首などは、カイロプラクティックで改善することで、再発予防につなげることができます。

カイロプラクティックにおける捻挫の再発予防のための治療について、紹介しましょう。

カイロプラクティックにおける捻挫へのアプローチ

足首の捻挫を繰り返していると、周辺の軟部組織がダメージを受け、靭帯が伸びきってしまい、安定性に欠けてしまいます。
足首は内側に引っ張られるため、外側の関節が硬くなり痛みなどの症状を引き起こします。

そういった状態の足首へのアプローチは、基本的には硬くなった関節を調節することで改善します。
また、足首には多くの骨が集まっています。

たくさんの骨が分散して体重を支えているのですが、数が多い分ねじれた時尚に位置がずれたり、引っかかったりといった障害を起こしやすいのです。

それを改善しないでそのままにしておくと、捻挫を繰り返すことが多くなり、痛みも取れにくくなります。動きも制限されます。

カイロプラクティックでは、捻挫をした際に生じる骨の微妙なズレを改善します。
そうすることが、捻挫の再発防止につながります。

カイロプラクティックによる捻挫の改善のカギは骨盤?

足首が捻挫しやすい、何度も捻挫を繰り返すのは骨盤のゆがみが原因となっていることも多いです。

骨盤のゆがみは、股関節のゆがみにつながり、足首への負担にもなります。
骨盤がゆがんでいると、歩き方のバランスも悪くなり、着地をする際に足首に負担がかかってしまうのです。

足首への負担をかけないためには、骨盤の位置を正常にすることです。
カイロプラクティックでは、捻挫予防のためにも骨盤矯正に力を入れています。

また、足の外側を走る、腓骨筋があります。

腓骨筋は、内返ししたものをまっすぐにしてくれる筋肉です。
捻挫をすると、この筋肉が引っ張られ、ダメージを受けます。

この筋肉はダメージを受けるとなかなか回復しにくい筋肉ですが、しっかりとケアをしないと、足をまっすぐにすることができず、捻挫しやすくなります。
カイロプラクティックでは、腓骨筋のケアもしっかりと行います。

トレーニングで腓骨筋を鍛えることも重要

捻挫をしにくくするには、腓骨筋を鍛えることが大切です。
腓骨筋を鍛えることで、コラーゲンの質がよくなり、損傷を修復してくれる働きが高まります。

腓骨筋を鍛える方法としては、かかと上げ運動や、足の指にゴムを引っかけ足首の運動をするといいでしょう。

また、足の指を鍛えるトレーニングとして、タオルを足の指でつかむ、といった方法があります。

足裏のバランスが悪いと捻挫しやすい

imasia_9789374_M

捻挫をしやすい原因として、足裏のバランスが悪いことが挙げられます。
ハイヒールや足に合っていない靴を履いていると、外反母趾や偏平足になりやすいです。

それが足のアーチを減らし、足裏のバランスを悪くさせるのです。

足裏のバランスが悪くなると、骨盤のゆがみや背骨のゆがみを引き起こします。
足の筋力も衰えるため、捻挫しやすくなるのです。

捻挫対策の一つとして、足裏のバランスをよくすることも必要です。
足に合わない靴を履かず、足の筋力をつけるトレーニングをするようにしましょう。

再発しやすい捻挫をしっかり対策

再発をしやすい捻挫は、治療の際に足首の骨のズレなどをしっかりと調整することが大事です。

カイロプラクティックでは、足首の骨のズレを調整し、捻挫の再発を防ぐことができます。

また、捻挫の原因には骨盤のゆがみや、腓骨筋の衰えなどがあります。
骨盤を矯正することで、股関節や膝関節、足首への負担を軽減することで、捻挫しにくくなります。
さらに、腓骨筋を鍛えるトレーニングをすることも、捻挫対策には大切なことです。

足首を捻挫しやすいという人は、骨盤のゆがみの矯正や足の筋力をつけることを心がけるといいでしょう。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。