ぎっくり腰はカイロプラクティックで早めに治療を行いましょう

ぎっくり腰はカイロプラクティックで改善しましょう

imasia_15743725_M

重い荷物を持ち上げようとしたら腰に強烈な痛みが走り、動けなくなる、という症状が多いぎっくり腰。

ぎっくり腰になったら安静にしていることで時間はかかりますが、痛みは改善されていきます。

しかし、ぎっくり腰になるということは、悪姿勢などにより筋肉や腰への負担がかかっているということ。
何も治療をしないと、再発する可能性が高いです。

カイロプラクティックで腰への負担を軽減することで、ぎっくり腰を再発しない体にすることができます。

ぎっくり腰はなぜ起こる?

ぎっくり腰が起こる原因は、人によってさまざまですが、主に考えられるのは、一つには筋肉の慢性疲労です。
普段の生活の中で腰や周りの筋肉に負担をかけていることで起こります。

骨格のゆがみも原因の一つです。

骨格がゆがむことで周囲への筋肉の負担になり、ぎっくり腰が発症するのです。
また、いきなり動いた時など高い負担をかけた時にもぎっくり腰が起こります。

ぎっくり腰にならない体づくりをするには?

ぎっくり腰は急に発症するケースが多いですが、それまでに腰や腰周りの筋肉に負担をかけていることから起こります。

カイロプラクティックでは急激に起こる痛みの緩和も可能ですが、さらに再発しないためのケアをすることができます。

ケアを続け、ぎっくり腰にならない体づくりをすることが必要です。

カイロプラクティックでぎっくり腰の痛みを緩和

ぎっくり腰になったら、安静にすることが必要です。

さらに動けるようであれば、カイロプラクティックに行って治療をしてもらうと痛みが緩和されます。

アイシングなどの施術を行い、筋肉の炎症を鎮めてくれるとともに、コルセットなどを用いて腰を安定させ、痛みを軽減してくれます。

動けないほどの激痛は数日でとれますが、自由に動けるようになるまでは時間がかかることもあります。

カイロプラクティックで治療を受けることで、痛みの期間を短くすることができます。

ぎっくり腰になる要因について

ぎっくり腰の原因を解明し、それを取り除かなければ、またぎっくり腰になってしまいます。

カイロプラクティックではぎっくり腰になる原因を追及し、それに合わせた治療を行います。

ぎっくり腰を誘発する原因には次のようなものがあります。

筋肉の慢性疲労

日常生活をしていると筋肉は疲労します。

特に同じ姿勢で同じ動きを繰り返していたり、運動不足で血行が悪くなっていたり、運動をし過ぎて疲労していたり、といったことが原因で筋肉に疲労が積み重なっていきます。

それが許容範囲を超えた時に、ぎっくり腰が発症するのです。

骨格のゆがみ

体の柔軟性が失われていくと、同じ筋肉だけを使うことになります。

本来であれば他の筋肉を使うところ、同じ筋肉だけを使うことで、その筋肉だけに負荷がかかり、使われていない筋は衰えていきます。

そのためバランスが失われ、骨格のゆがみを招きます。

骨格がゆがむことで、その周囲の筋肉に負担がかかり腰痛を起こすのです。

急激な負荷

勢いよく振り返ったり、急に起き上がったり、高い場所から飛び降りた時など、急激な負荷が腰にかかった時にもぎっくり腰が発症します。

カイロプラクティックでぎっくり腰予防

カイロプラクティックでは、ぎっくり腰になる要因を取り除く治療を行います。
方法の一つは脊椎(背骨)のゆがみを矯正します。

背骨のゆがみは骨盤のゆがみにつながります。骨盤がゆがむことで筋肉に負担がかかりぎっくり腰を誘発するのです。

そこで、背骨のゆがみを矯正することで、腰の筋肉も柔軟になり、ぎっくり腰にならない体にするのです。

また、筋肉のコリをほぐすストレッチ、テーピングなどの施術も行います。

ぎっくり腰の原因は日常生活の中で作られる

imasia_14625493_M

骨格のゆがみや筋肉疲労は、日常生活の中で作られることがほとんどです。

運動不足で筋肉が硬くなっている、同じ姿勢でいることが多い、睡眠不足や栄養バランスが取れていない食事なども、筋肉疲労につながります。

猫背などの悪姿勢も腰に負担をかける原因の一つ。足を組んだり、鞄を片方だけで持ったりする習慣も骨格のゆがみにつながります。

さらに、ストレスも原因となります。ストレスは自律神経を乱し、血液循環を滞らせ筋肉を緊張させてしまいます。それが腰痛へとつながるのです。

ぎっくり腰の予防には、このような生活習慣を改善することも必要です。

ぎっくり腰の予防にもカイロプラクティック

ぎっくり腰を引き起こさないためには、骨格のゆがみを改善し筋肉の柔軟性を高めることが必要です。

カイロプラクティックでは、背骨のゆがみの矯正やストレッチなどで筋肉の柔軟性を高める施術をします。

ぎっくり腰の痛みが緩和されても、引き続きカイロプラクティックで治療を続けることで、ぎっくり腰の予防をすることができます。

また、ぎっくり腰を引き起こす要因となる姿勢や食生活、睡眠、運動、さらにはストレスの解消など、生活習慣を改善することが、ぎっくり腰を起こさない、また再発させないためにも必要なことです。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。