カイロプラクティックで妊娠中の座骨神経痛を改善

妊娠中の座骨神経痛はカイロプラクティックで改善する

imasia_11592970_M

妊娠中に座骨神経痛になってしまうケースは多いものです。
座骨神経痛による腰痛はつらいものですが、妊娠中は痛み止めなどの薬を飲むのも心配です。

そこでオススメなのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックでは座骨神経痛の原因を確認し、適切な施術を行います。
痛みの原因となる骨盤のゆがみを改善するなど、トラブルの原因となる部分を調節し安定させることで、座骨神経痛を改善していきます。

妊娠すると座骨神経痛が起こる理由

妊娠するとお腹が大きくなったり、ホルモンバランスが変化したりします。

それによって、椎間板ヘルニアの症状が悪化し、座骨神経痛が発症することがあります。

また、ホルモンの影響で骨盤が開くと、梨状筋という筋肉が緊張し、座骨神経の通り道が狭くなり、痛みが引き起こされるのです。

妊娠中の座骨神経痛を改善するには?

妊娠をすることで、体型やホルモンバランスに変化が出ると、今まで症状が出なかった人でも、妊娠による体の変化によって痛みや不快な症状を引き起こすことがあります。

それを改善するためには、カイロプラクティックで施術をすることで、痛みによるストレスを解消したりすることが必要です。

座骨神経痛の症状とは?

妊娠すると症状が悪化する座骨神経痛。
そもそも座骨神経痛とはどういったものかを説明しましょう。

座骨神経痛とは腰から足にかけて伸びる「座骨神経」が圧迫されたり、刺激されたりして痛みやしびれを起こす症状です。
痛みは腰痛、お尻や太ももの裏、足先などに現れます。

痛みだけではくしびれを伴うこともあり、悪化すると麻痺や歩行障害などを起こすこともあります。

妊娠するとお腹が大きくなり、腰痛を起こすことが多いのですが、自由に動けなくなることから、痛みをひどく感じるようになります。

妊娠中の座骨神経痛の原因とカイロプラクティック

妊娠中は次のような原因によって、痛みやしびれが起こります。
それをカイロプラクティックで改善することができます。

関節のズレが原因

妊娠すると、腰や骨盤の関節がずれて痛みやしびれを起こすことがあります。

カイロプラクティックによりそのズレを調整することで改善することができます。

神経の圧迫が原因

腰から足にかけて伸びている座骨神経のどこかかが圧迫され、しびれが起こります。

カイロプラクティックではその場所を特定し、施術を行います。

筋肉のコリが原因

妊娠による体の変化で自由に動くことができなくなると、お尻もコリやすくなり、それはしびれの原因になります。

カイロプラクティックで筋肉にかかる負担を軽減します。

血行不良が原因

お腹が大きくなることで、血管が圧迫され足のしびれが起こることがあります。
寝る姿勢などが原因で股関節の筋肉が硬くなり、血行が悪くなることも。

カイロプラクティックで血行をよくする施術を行います。

 

妊娠中の座骨神経痛を改善するカイロプラクティックの効果を高めるために

前述したように、カイロプラクティックによって、妊娠中の座骨神経痛を改善することは可能ですが、より効果を上げるためには、自分での対策も必要です。

対策方法としては次のようなことが挙げられます。

腰痛用ベルトを使う

座骨神経痛は腰痛により痛みが悪化します。

腰への負担を軽くするための、専用ベルトがあるので、それを利用しましょう。

体を温める

腰から足を温めると痛みやしびれが緩和します。

入浴や足湯などを行い、体を温めるといいでしょう。

座骨神経痛に効果のあるストレッチをする

ストレッチにより筋肉のコリを和らげます。

床に座り、足を開き、片方の足裏を反対の足の膝あたりにつけ前屈をします。伸ばしている足の膝裏が伸びていることを確認しながら行います。

腹部に負担のかからない程度に行うようにしましょう。
痛みがひどいときにはストレッチは行わず、安静にすることです。

座骨神経痛の改善の必要性

座骨神経痛はそのままにしておくと、痛みやしびれなどの症状が悪化することが多いです。

痛みで体を動かすことができず、歩く、靴下を履く、トイレに入るなどの日常生活においても支障をきたすこともあります。ストレスが溜まり、うつ状態になることもあります。

また、痛みがひどいと出産の時にいきむことができず、帝王切開を選択せざるを得ません。

そのような症状になる前に、カイロプラクティックなどで施術を受けたり、日常生活において注意をしたりすることが必要です。

妊娠すると座骨神経痛が起こるのはなぜか

imasia_14949316_M

妊娠中に座骨神経痛が起こりやすいのは、出産に備え骨盤や恥骨が開きます。
さらに体重が増加することによって、骨と筋肉の位置がズレることで座骨神経が圧迫されてしまい、痛みやしびれといった症状が起こります。

また、ホルモンバランスが崩れることで筋肉が硬くなりやすくなることも、要因の一つです。

特に妊娠中期から後期、臨月かけて痛みがひどくなり、改善しないと悪化していきます。症状を改善しないと、産後まで痛みやしびれが続くこともあります。

カイロプラクティックで妊娠中の座骨神経痛を改善

妊娠によって体型が変化し、女性ホルモンのバランスが崩れることで座骨神経が圧迫され、症状を引き起こす座骨神経痛。

日常生活でストレッチや体を温めるなどの対応をするとともに、カイロプラクティックなどで、関節の調整や筋肉のコリを取り除き、症状を緩和させることが大切です。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。