産後の骨盤矯正はカイロプラクティックが良い理由

産後はカイロプラクティックで骨盤矯正を

imasia_14811055_M

出産は女性にとって大仕事ですが、その後の体のケアも非常に重要となります。

出産に当たって骨盤は緩んできますが、出産後も元に戻らないことがほとんどです。
このときにケアしておかないと、骨盤が開きっぱなしになってしまい、元に戻すのが困難になるのです。

そのため、産後に骨盤矯正を行って、骨盤の位置を正常に戻すことが大切となります。骨盤が開いたままでは、体型ももちろんですがその他にも体にさまざまな影響を与えてしまいます。

カイロプラクティックでの施術を受け、早期に対処することが、産前の健康で美しい体を取り戻すことにつながるのです。

骨盤のゆるみを放置しているとより悪化していきます

産後の骨盤のゆるみは、そのままにしておくとどんどんずれを生じさせる原因となります。

出産前に柔らかくなった骨盤周辺の関節は、その後の生活によってゆがみ、正しい位置に納まらなくなってしまうのです。

産後1ヵ月前後はこの柔らかい状態が続くと言われるため、この時期に骨盤矯正をしておけば元の状態に戻りやすくなります。

この時期に何も行わないとどんどん骨盤がずれてきますが、この時期だからこそ矯正のチャンスでもあるわけです。

産前、産後の骨盤の仕組み

赤ちゃんを産みやすくするために、出産前の骨盤周辺の関節はどんどん変化して柔らかくなってきます。

そのメカニズムと産後への影響を知っておくことで、どのような対処を取ればよいかがわかってきます。

骨盤がゆがむことで起こる影響

妊娠中から柔らかくなった骨盤周辺の関節は、その後の生活によって骨盤の位置をゆがませてしまうことになります。

ゆがんだままの骨盤が体にどのような影響を与えるのかを見ていきます。

腰が痛む

妊娠中にお腹が大きくなるにつれて、骨盤はお腹を支えるために前傾の状態へと変化していきます。
そして出産後もその状態からしばらく戻らないため、腰に負荷がかかって腰痛の原因となってしまうのです。

また、腹筋など周辺の筋肉が弱っていることも一因となります。

太りやすい

これは、骨盤のゆがみによって周辺の血行が悪くなり、脂肪の燃焼がうまく行われにくくなるために起こります。

また、骨盤が開いた状態ですから、そのまま腰回りのサイズに反映されてお尻が大きくなったようにかじるのも太ったと思う原因でしょう。

冷え性、むくみ

冷え性は末梢にまで血流が行き届かなくなったことで、むくみは血流の停滞で老廃物を排出しにくくなったことで起こります。

いずれも血行不良からくるものであり、それは骨盤のゆがみから引き起こされているのです。

頻尿・尿もれ

骨盤のゆるみによって膀胱周辺の神経に影響が出ることから、尿意をもよおしやすくなることもあります。

また、筋肉の弛緩によって尿もれを起こしてしまうケースもあります。

柔らかくなるのはホルモンの影響

妊娠中に骨盤はどんどん柔らかくなり、出産準備の態勢を整えます。

骨盤と関節を柔軟にするのはリラクシンと呼ばれるホルモンであり、妊娠初期から分泌を続けます。そのリラクシンは出産後も1ヵ月程度は分泌されるため、骨盤周辺の関節が柔らかいままなのです。

産後すぐに骨盤が固定されることがないのはこのホルモンの影響であり、その時期に周辺の筋肉の影響で形が簡単に変わり、分泌が治まった後にはゆがんだままの形で固まってしまうことになるのです。

つまり、リラクシンの分泌がまだ続いている時期に骨盤矯正を行えば、ゆがみや開きを治すのも比較的容易であると言うこともできるわけです。

出産によって変わってしまった骨盤や関節の形を治すことはもちろんですが、これを1つのチャンスととらえて妊娠前のゆがみも一緒に直してしまえることにもつながります。

そのためにも、産後1ヵ月までの間に行う骨盤矯正は大きな意味を持ちます。

カイロプラクティックで効果的に骨盤矯正

骨盤や関節の形を正しい状態に戻すといっても、やはり1人の力で普段の生活から心がけるというのは難しい話でもあります。

妊娠中の長い時間をかけてゆがんでしまったものを正すために生活に気を付けると言っても、妊娠前から姿勢や歩き方などに問題があった場合は正しくなるどころか、妊娠前よりもゆがんだ状態になってしまうかもしれません。

そこで頼りになるのは、カイロプラクティックの施術です。
カイロプラクティックは骨格と筋肉の状態を正すプロの技術ですから、正しい位置に骨盤を戻してくれる強い味方となります。


数回の施術で妊娠前よりもきれいな状態になることができ、産後の骨盤のゆがみからくる体調不良から解放されることになるでしょう。

後間を空けずに施術を受けることがお勧めです

imasia_7764178_M

カイロプラクティックの技術が優れていても、骨盤や関節のゆがみを直しやすい時期とそうでない時期はあります。

前述のように、リラクシンというホルモンが分泌されている産後1ヵ月が勝負と言ってもよいでしょう。

この時期に適切な施術を受ければ、比較的簡単に骨盤矯正が実現します。

ただし、この時期を過ぎてしまったからといって諦めることはありません。
カイロプラクティックの技術は通常の方の骨盤矯正も行えるものですから、産後の変化を矯正できるチャンスは十分にあります。

骨盤のゆるみは放置せず矯正をしましょう

骨盤や関節のゆがみによって起こってしまう数々の体調不良も、骨盤矯正を行えばすっきりと改善できます。

早期にこのゆがみを正しておかなければ、いろいろな不調が表れて子育てにも専念できないというものです。

早期に骨盤矯正の施術を受けておけば、母子ともども健やかに元気に過ごすことができるでしょう。

福岡自律神経カイロプラクティックは多くの患者様に支持されています

福岡自立神経カイロプラクティックの3つの特徴
圧倒的な回復力の「バイタルリアクト・セラピー」による世界最先端治療
薬で改善できない「症状の原因」を根本から改善!
頭痛・めまい・不眠・肩こりの改善率は「9割以上」

2014年時点で500名以上の患者様を完治させております。